精神科・心療内科に行く前に確認しておきたいこと、病院の選び方、いい医者・悪い医者の見分け方

精神科を受診するのはとても勇気のいる行為です。

僕はこれまでに3つの病院を受診し、3人の医者に診察をしてもらいました。

精神科を受診するのは比較的慣れているほうですが、それでも新しい病院を初めて受診するときには不安でいっぱいになります。

最近なんとなくメンタルの調子が悪いけれども、今まで精神科を受診したことがなく、どうしたらいいのかわからなくて心配だという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

今回はそんな方のために精神科を受診する際に覚えておくとよいことや、いい医者・悪い医者の見分け方などをお教えしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

病院に行く前に確認・準備しておくべきこと

精神科と心療内科の違い

精神科と心療内科はなんとなく似たイメージがありますが、厳密に言うと違います。

精神科では純粋に心の病気を扱い、心療内科では心が原因で体に起こる病気を扱います。

落ち込みや不安、イライラ、焦燥感、不眠、無気力、集中力の低下、幻覚、妄想などは精神科が扱う領域です。

動悸やめまい、下痢、腹痛、胃潰瘍、疲労などは心療内科が扱う領域です。

心の症状がメインなら精神科へ、体の症状がメインなら心療内科へというのが基本的な考え方になるのですが、実際にはどちらを受診しても問題ありません

精神科と心療内科とでは扱う領域が重なっていますし、患者は心と体の両方に症状が出ていることも多いですから、精神科医も心療内科医もそれぞれの領域を扱うことができるのです。

また、「精神科」という名前だと患者が心理的抵抗を感じて訪れにくいとのことで精神科が「心療内科」を名乗ることもあります。

町中にある心療内科は大体このタイプですね。

ですので、病院を選ぶ際はあまり気にする必要はありません。

病院で扱っている病気や障害をチェック

病院のホームページを見ればどのような病気や障害を扱っているかを確認することができます。

うつ病や適応障害、パニック障害、不眠などはほとんどの病院で診ることができますが、認知症や発達障害などは診ることができない病院も多いです。

特に発達障害は注意が必要です。

ホームページに発達障害を診ることができると書かれていても、子供の発達障害のみを扱っていて大人の発達障害は診ない病院もありますので、電話で確認することをおすすめします。

また、発達障害の診断の参考になる知能検査を実施しているかどうかも確認しておくとよいです。

カウンセリングを受けたい場合には病院に臨床心理士が在籍しているか確認しましょう。

精神科医はあくまで医者であり、患者の症状を聞いて状態を判断し、薬などを用いて適切な治療を行うことが仕事です。

「悩みを聞いてもらいたい」、「アドバイスが欲しい」などの場合には臨床心理士によるカウンセリングを受けましょう。

医者にカウンセラーの役割を期待するとガッカリすることになる場合があるので注意しましょう。

医者についてもチェック

医者の経歴や年齢、得意分野なども確認しておくとよいでしょう。

基本的にはある程度の経験を積んだ医者がおすすめですが、高齢の医者だと最新の知識を知らない可能性もあります。

複数の医者が在籍する大きな病院は1人の医者と相性が合わなくても他の医者に診てもらうことができるのが強みですが、院長などの人気の医者に診てもらうことが難しかったりします。

その点、町中にある小規模なクリニックは在籍する医者が院長だけであることも多く、必ず院長に診てもらえるのが強みです。

その病院は具合の悪いときでも行ける距離にありますか?

自宅から病院までの距離や交通手段は結構重要です。

メンタルの調子が悪いときに遠くの病院まで何本も電車を乗り継いで行くのは地獄です。

本当に調子が悪いときに気力と体力がなくて通院ができなくなってしまっては治療が中断してしまいますから、なるべく近くの病院を選ぶことをおすすめします。

精神科で有名な大きな病院は町外れにあることが多いですし、患者が多く待ち時間が長くなるのでよく考えたほうがいいです。

予約が殺到して行きたいときに行けないという問題点もあります。

症状をメモしておきましょう

初診は30分ほど時間をとってくれることが多いのですが、30分という時間は割とあっという間に過ぎてしまいます。

いつからどのような症状で困っているのかをメモしていくと症状を伝えやすく、医者も症状を把握しやすくなります。

その場で症状を思い出そうとしても案外忘れてしまうものなので、メモの作成をおすすめします。

メモは受診の1週間ほど前くらいから作り始めておくと受診までのあいだに書き忘れていた症状などを思い出して追加することができるので書き漏らしの可能性が減ります。

いい医者・悪い医者の見分け方

患者の話をよく聞いてくれるか

まずは基本中の基本です。

メンタルの不調は目に見えるものではなく、また内蔵などと違って検査をして数値を計って簡単に状態を明らかにすることができるものでもありません。

ですから、患者がどういう状態にあり、どういう悩みを抱えているのかを把握するためには患者の訴えをよく聞く必要があるのです。

患者の話をたいして聞かずにすぐに診断を下し、様々な種類の薬を大量に処方する医者は要注意です。

精神科はどこも混んでおり、待ち時間が長く診察時間が短くなる傾向にありますが、限られた時間内でできるだけ話を聞こうとする態度をとってくれる医者を見つけましょう。

診察時間の目安ですが、初診は30分、再診は10〜15分ほどの場合が多いです。

医者から質問をしてくれるか

患者は医者に症状を伝えますが、それだけでは情報が不足している可能性があります。

一口に「眠れない」と言っても入眠が困難なのか中途覚醒が多いのか早期覚醒してしまうのかなど様々なパターンがあります。

双極性障害はうつ病と誤診されやすい病気ですが、躁状態は自覚することが難しいので、患者の訴えの中に含まれない可能性があります。

患者が双極性障害などの病気についての知識があるとは限りませんから、抑うつ症状の訴えを聞いただけで即座にうつ病だと判断してはならないのです。

そこは医者の側から過去に躁状態がなかったかを質問して確認しなければならないのです。

初診の際には家族構成や生育歴などを聞かれることがありますが、これもまた重要です。

患者がどのような環境で育ったか、どのような人間だったかを知ることで見えてくるものがあります。

たとえば発達障害者は子供の頃から忘れ物が多いとか、集中力がない、勉強が苦手、動きまわる、社会性が低いなどの発達障害の症状が見られます。

また、発達障害は遺伝すると考えられているため、親族にそのような特徴を持った人がいるかどうかも判断材料になります。

詳しく説明をしてくれるか

病気や薬、治療方針などについて詳しく説明をしてくれる医者を選びましょう。

「あなたは◯◯病です。この薬を飲んでください」とだけ言われても患者としては困ってしまいますよね。

その病気がどういう病気であり、何が原因で引き起こされているのか、どのように治療すればよいのか、薬を飲むとしてどのように作用し、どのような効果が現れるのかについての説明が必要です。

患者の目線に立ってわかりやすい言葉で砕いて説明してくれる医者がいい医者だと考えます。

患者の中には精神薬に対して抵抗感を抱く人もいます。

薬を使用して治療していくのか、カウンセリングを受けて治療していくのかなど本人の意向を尊重しつつ互いに話し合って治療方針を決めていくべきです。

精神科ではこれも重要!医者との相性

精神科では他のどの科よりも医者との相性が重要です。

患者はメンタルの悩みを抱えており、つらい思いや愚痴を誰かに聞いてもらいたいものです。

それらを聞くのは医者よりもむしろカウンセラーの役割ではあるのですが、だからといって医者がそれらをまるっきり無視してよいわけではありません。

医者が穏やかに、そして共感的に話を聞いてくれれば患者は満足するものです。

精神疾患の治療において医者との信頼関係を結ぶことは非常に重要なことですが、これは医者との対話により生まれるものです。

医者が高圧的であったり、患者の話をあまり聞かなかったり、患者を馬鹿にしたりするようでは患者は医者に対して不信感を抱き治療がうまくいかなくなります。

あとは先生の見た目や動作、表情、しゃべり方、言葉の使い方、性格などを観察して自分と合うかどうか判断しましょう。

「合わないな」と思ったら医者や病院を変えましょう

「どうもこの医者とは合わないな」、「スタッフの態度が嫌だな」、「話は聞いてくれるけど知識や経験が乏しそうだな」、「薬をたくさん出されて不安」など何か引っかかるところがあれば医者や病院を変えることをおすすめします。

そのまま通い続けても印象が変わることはあまりないでしょう。

精神科の通院には時間がかかりますから、貴重な時間を合わない病院で消費してしまうことは避けたいものです。

精神科の医者は当たり外れが激しいので、嫌な医者に当たってしまってもめげずに次の医者を探しましょう。

何人かの医者に診てもらうことでいい医者と悪い医者の違いがなんとなくわかってくるようになります。

精神疾患の治療には患者自身の「治してやるぞ」という気持ちが何よりも大切です。

悪い医者に当たってその気持ちが削がれないように、いい医者に当たってその気持ちが強くなるように、医者選びを慎重に行っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ヒキニートかく語りき
精神科・心療内科に行く前に確認しておきたいこと、病院の選び方、いい医者・悪い医者の見分け方
この記事をお届けした
ヒキニートかく語りきの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!