ヒキニートの1日

スポンサーリンク
レクタングル(大)

僕のスケジュール

12:00〜14:00 起床。その後ブランチを食べる。

15:00〜18:30 ネット、FX、アニメ、ゲーム

18:30〜19:00 夕食

19:00〜0:00 ネット、FX、アニメ、ゲーム

0:00〜2:00 就寝

最近の僕のスケジュールを記してみました。いかがですか?

普段会社員として朝から晩まで一生懸命働いている方からすれば極楽のような生活に思えるかもしれませんね。

ニートにはニートのつらさがあるのですが、それはまた別の機会に詳しく書くことにします。

睡眠について

スケジュールを見てもらうとわかると思いますが、僕は1日12時間ほどベッドの中で過ごしています。

睡眠の質が悪く、何度も中途覚醒をするためにそれだけの睡眠時間が必要になっているのだと思います。

ベッドに入ってから寝付くまでに1〜2時間はかかりますし、中途覚醒してから寝付くまでに30分〜1時間ほどかかるので、実質睡眠時間は半分くらいになっているかもしれません。

12時間使ってやっと6時間眠れるみたいな感じですね。

今は精神科に通って睡眠薬を飲んでいるのでこれでも以前よりはマシな生活リズムになりました。

以前は18時に起きて6時に寝るという完全な昼夜逆転生活をしていて日光を見ることがなかったくらいです。

睡眠薬を飲んで生活リズムは改善しましたが、まだまだ睡眠の質が悪く体がぐったりしているので、さらなる改善が必要です。

自由時間の過ごし方

ネット

特殊な作業をするのでないかぎり、ネットはもっぱらiPhoneで済ませてしまいます。

今よりも元気がなく、アニメを見ることすらできないときは1日中Twitterにへばりついてひたすらタイムラインを眺めたりツイートしたりしていました。

Twitterはフォロー数を増やせば次から次へとツイートが流れてくるので、それを読んでいればかなりの時間をつぶすことができました。

最近はTwitterが嫌になってしまったのでもうTwitterをやっていません。

Twitterをやめると今までTwitterのおかげでつぶれていた時間がそっくりそのまま復活してしまい、手持ち無沙汰になってしまいました。

かといってどこかに出かけたり新しい趣味を始めたりすることはできませんし、抑うつがひどくなってから本を読むこともできなくなってしまったので読書をして時間をつぶすこともできませんでした。

結局、2ちゃんねるのまとめサイトの記事をまとめたアプリで気になる記事を読んだり、ニュースアプリでニュースを読んだりするようになりました。

特段面白いわけではないのですが、Twitterを眺めるような気軽さでできることというとやはり似たような活動になってしまうようです。

人間は刺激がないと退屈してしまうものですが、情報は毎日新鮮なものが生み出されるので飽きにくく、時間つぶしにはもってこいです。

FX

僕は1年半ほど前からFXをやっています。

働くのが死ぬほど嫌だったのでどうにか家の中で1人でお金を稼げないものかといろいろ調べてFXにたどり着きました。

かつてバイトで貯めたお金を元手に始めました。

調子が悪いときはFXを数か月間休んだりしているので、実質的にFXに取り組んだのは半年間くらいでしょうか。

ヒキニートなので時間は腐るほどあり、人よりも勉強する時間もチャートを眺めていられる時間も長いのですが、まだまだ勝てるようにはなりません。

さらなる修行と勉強が必要です。

まだ社会復帰ができそうにないのでFXでお金を稼げるようになるといいなと夢見つつ頑張っております。

起きているあいだは常にチャートを表示してエントリータイミングを待っています。

そのあいだにネットをしたりアニメを見たりゲームをしたりする生活を送っています。

アニメ

アニメを見始めたのは7年前、高校を卒業して自宅浪人をしていた頃です。

勉強に身が入らず、暇を持て余していました。

まだスマホが貧弱でまともなアプリもないし、Twitterも盛んではなかったので今ほど暇つぶしのための手段がありませんでした。

なんとなく、昔見た「東京アンダーグラウンド」というアニメをもう一度見たくなったので見てみたところ、年をとっても充分に楽しむことができたので、アニメに興味を持つようになりました。

当時は「涼宮ハルヒの憂鬱」や「灼眼のシャナ」、「ゼロの使い魔」などのラノベが流行り始めた頃で、非オタクだった僕の目や耳にもそれらの情報が飛び込んできました。

「涼宮ハルヒの憂鬱」は割と有名でしたし、アニメ化されていたので「ちょっと見てみるか」と試聴してみたところ、これがものすごく面白かったです。

これが「深夜アニメ」というジャンルとの初めての出会いでした。

それまでアニメといったら夕方に放送されている「ワンピース」や「NARUTO」、「こち亀」などのイメージしかなく、深夜アニメというとなんとなくアングラな印象を抱いていたのですが(というか「深夜アニメ」の存在すら知らなかったかも)、それが見事に払拭されました。

それからというもの「灼眼のシャナ」や「ゼロの使い魔」などの有名な作品を次々に試聴してどんどん深夜アニメにハマっていきました。

アニメは本を読むことがつらくなった今でも見ることができるので、とてもありがたい存在です。

本当に症状が重いときにはアニメさえ見られなくなるのですが、それでも少し回復すれば再び見るようになるので、今までで最も長く続いた趣味になっています。

ちなみに、「コードギアス」や「シュタインズゲート」が個人的なおすすめです。

ゲーム

1年半ほど前にNew 3DSを購入してひたすらスマブラをやりまくっています。

小学生のときに64のスマブラを買ってもらってよくプレイしていました。

アクションゲームはあまり頭を使わなくていいので気楽にできていいです。

今はネットでいろんな人と対人戦をすることができるので対戦に困りません。

あまりにもスマブラをやりまくっているのでいい加減飽きてきたのですが、やりなれているゲームは気軽に始めることができるので、ついついスマブラに手を伸ばしてしまいます。

一時期はiPhoneでグラブルや音ゲーなどをプレイしていましたが、最近はスマホゲーは全然やっていません。

面白そうなゲームはとりあえずダウンロードしているのですが、iPhoneに200個くらいゲームが溜まってしまってどれから始めればいいかわからなくなってしまいました。

ホント、スマホゲーって毎週のように新しいのが出ますよね。

あと、スマホゲーをやらないのにはスマホゲーのシステムが好きではないという理由もあります。

タッチパネルでの操作になるので僕の好きなアクションゲームはやはりコンシューマー機の方が優れていますし、ソシャゲはゲーム性が薄いのと何度も同じ行動を強いられるのと課金したほうが強くなれるのがあまり好きではありません。

モンスターの合成とかスキルアップとか曜日ダンジョンとかイベントとかスタミナとかそういうのが本当にめんどくさいし、時間がめちゃくちゃ吸い取られます。

スマブラ以外のコンシューマーゲームやPCゲームをやりたいと思ったこともありますが、買うお金がなく、そうこうしているうちに興味がなくなってきました。

ですので、新たにゲームを始めるとしたらスマホゲーになるとは思うのですが、新しくゲームを始めるのは覚えることややることがたくさんあって大変なので、なかなか始められません。

新しいことに手を出せずに保守的になってしまうのは脳が衰えているせいかもしれませんね。

おわりに

最近の僕の1日の過ごし方を記してみましたがどうでしょう?

ニートと一括りに言ってもその生活スタイルはバラバラです。

僕は「インドアネガティブ系ニート」(独自分類)です。

このタイプはひきこもりがちで日光を浴びず、運動もせず、昼夜逆転をしてメンタルの調子を崩しやすい一番やっかいなタイプです。

ひきこもりの中では一番多いタイプなのではないかと思っています。

ニート生活を謳歌できるタイプのニートになりたかったなあ……。

本当はバリバリ働いてバリバリ稼いで仕事も家庭も趣味も交際もバッチリな人間になりたかったですが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ヒキニートかく語りき
ヒキニートの1日
この記事をお届けした
ヒキニートかく語りきの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!