MacBook Pro Early 2011にEl Capitanをクリーンインストールした

今更な話ではあるのですが、めんどくさがってやっていなかったクリーンインストールをようやくやりましたので、実際に行った作業や効果などを書いておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

不具合が生じていた

僕はYosemiteからEl Capitanに上書きアップデートをしたのですが、僕の使っているMacBook Proのように古い機種はそのままEl Capitanにアップデートすると動作が不安定になるようなのです。

僕の場合にはレインボーカーソルが頻繁にくるくる回って動作が重くなってしまいました。

OnyXやMagicanなどのメンテナンスツールでメンテナンスをしてみましたが、レインボーカーソルは改善せず。

ですが、少し待てばレインボーカーソルが消えるので「まあいいか」と思ってクリーンインストールせずに放置していたのですが、やはりこのまま使い続けるのは嫌だったので思い切ってクリーンインストールしてみました。

僕は今までクリーンインストールをしたことがなく、クリーンインストールはかなり大変なことだと思っていたのですが、思っていたのよりはるかに楽でした。

実際の作業

クリーンインストールするにあたってこちらのサイトを参考にしました。

Mac 初期化:OS X El Capitan(エル・キャピタン)をクリーンインストールする方法

クリーンインストールする前にバックアップを取る必要がありますが、MacだとTime Machineでバックアップを取ることができるのでめちゃくちゃ楽ですね。

バックアップを取り終えたらディスクの消去をします。

僕はBoot CampでWindowsをインストールしているのですが、そちらのデータは消さずにクリーンインストールすることができます。

ディスクの消去が終わったらネットからEl Capitanをダウンロードしてくるのですが、30分ほどで終了しました。

El Capitanのインストールが終わったらまっさらな状態で使い始めることもできますが、バックアップからアプリ、書類とデータ、設定などを引き継ぐことができます。

まっさらな状態から必要なアプリを自分でインストールしたり設定したりしたほうがきれいで快適に使うことができるのでしょうが、僕はデータを引き継ぎたかったのでバックアップから一括で引き継ぐことにしました。

僕は300GBほど使用していたので、この作業には3、4時間ほどかかりました。

作業が終わってからやったことといえばDropboxとApp Storeにログインしたのとディスプレイの省電力の設定を直したのくらいで、他は見事にクリーンインストール前の状態に戻りました。

Safariで開いていたタブまでもそのまま開いたので驚きました。

クリーンインストール後

レインボーカーソルが回ることもほとんどなくなり、Safariでのページの読み込みも速くなりました。

間違いなく効果が出ていることを実感することができています。

すべての作業が一晩でいとも簡単に終わったので、今までめんどくさいと思っていた方もぜひトライしてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ヒキニートかく語りき
MacBook Pro Early 2011にEl Capitanをクリーンインストールした
この記事をお届けした
ヒキニートかく語りきの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!