いろんなエディタを試したけど結局WordPressのエディタで執筆してる

以前、「理想のブログ用エディタを探して」で様々なエディタを試した僕ですが、結局Macではブラウザ版を、iPhoneでは公式アプリを使用して執筆しています。アプリの紹介記事のような画像を多用する記事でなければ下書きをオンラインアウトライナーのWorkFlowyで書くことが多いです。エディタにベタ書きするよりも構造を意識して書くことができるので、見やすいし書きやすいです。WorkFlowyはブログの下書きには最高のツールなので、まだ使ったことのない方はぜひ試してみるといいですよ。超快適です。

▼Stylishで見た目をいじっていますが、こんな感じです。

テキストエディタの何が不満だったかというと、画像周りの問題が一番だったと思います。画像を中央揃えにしたり表示サイズを変更したりする必要があるので、HTMLをいじる必要があります。でも、執筆するときには画像をインライン表示しておきたい。となると、ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えることのできるWordPress公式のブラウザ版やアプリがやはり便利なわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

WordPress公式の不満点

WordPress公式のブラウザ版やアプリにも不満はあります。ブラウザ版は見た目が悪いのと記事を書くのに集中しにくいこと。iPhoneアプリは見出しボタンがないこと、画像挿入時の設定を記憶してくれないこと、タグを一覧から選択することができないこと、ビジュアルエディタからテキストエディタに切り替えると画面の一番上に戻ってしまうことなどです。ブラウザ版もアプリも実際の画像のサイズと表示するサイズとを別々に設定できるようになるとありがたいですね。Retinaディスプレイ対応するために表示するサイズよりも大きなサイズの画像を使用しているので、いちいちテキストエディタに切り替えて表示する画像サイズを変更するのはめんどくさいんですよね。

iPhoneからモブログする際の現状でのベストはWordPress公式アプリを使い、基本的にはビジュアルエディタで執筆し、画像の編集や文字の装飾の際にはテキストエディタに切り替えるというものだと思います。タグはユーザー辞書に登録しておくと便利です。

iOSのブログエディタの紹介

もし、タグをゴリゴリ書いていきたいという方がいらしたら「PressSync」がオススメです。iOSのブログエディタでは最も多機能でよくできたアプリだと思います。「PressSync」には無料版があるので、まずは無料版を試して、気に入ったら有料版を購入するといいでしょう。他には「AmeEditor」や「BlogTouch」などもあります。「BlogTouch」は改行すると<div>で囲まれるのが残念なところ。WordPressと同じように<p>タグにしてくれればいいのに。こちらも無料版と有料版があります。ビジュアルエディタ寄りのアプリでは「Blogo」がありますが、微妙な出来です。見た目はそこそこいいんですが、細かいところの作り込みが甘い。ブログの書き方も必要な機能も人それぞれなので、いろんなアプリを試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ヒキニートかく語りき
いろんなエディタを試したけど結局WordPressのエディタで執筆してる
この記事をお届けした
ヒキニートかく語りきの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!